性病による皮膚疾患などにも効果的な生薬のせんきゅう

せんきゅうとはセリ科の植物であるせんきゅうの根茎を湯通ししてから乾燥させたものです。
昔はキュウキュウと呼ばれていました。
国内では北海道で栽培されていますが、もとは中国の四川省で良質なものがたくさん生み出されたので川きゅうという名前が生まれたほどでした。
せんきゅうは生薬として性病による各種の皮膚疾患や化膿性のできもの、疥癬、癰疔、排膿、眼疾患、頭痛、足腰の力の衰え、手足の筋肉のひきつり、膿や血液の混じった尿、月経異常、後産の娩出されないもの、難産の腹痛、陣痛発来、皮膚疾患、全身の筋骨の痛みなどに効果的だとされています。
血行促進効果も期待できます。
生薬の良いところは薬と違って副作用の心配がほとんどないという点です。
また生薬は昔は治すことも困難だと考えられていた性病を体内からゆっくりと改善していきます。
性交による性病にかからないようにするためには避妊具の装着だけではなく、定期的に検査をすることも大切です。
しかしもし性病になってしまったのであれば、必要な薬で改善をしていかなければいけません。
ただ病気は治っても皮膚疾患は残ってしまうことがあります。
そういう時に良いのがせんきゅうなどの生薬なのです。
生薬は薬とは違ってすぐに効果が出るものではなく、長期間飲み続けていく必要があります。
ただ自分の細かな体の症状にあわせて組み合わせて飲むことができるので効果は抜群です。
なかなか治りにくい性病は自然と治るのを待つことはできません。
治療が長期間にならないようにするためにも早めの対処を心がけるようにしましょう。
性病にもいろいろありますので、まずは自分の症状を恥ずかしがらずに詳しく説明することから始めるのが良いです。