漢方薬は医薬品か否か

世界には様々な薬があり、症状に合わせてそれを使い分けています。
基本的に病院で診察を受けてから処方される錠剤などの薬は、その多くが西洋医学による薬になっています。
しかし、中には漢方薬が処方される場合もあります。
これは、東洋医学によるものです。
この漢方薬は、処方されるものではありますが、医薬品か否かがよく問題となります。

日本では、昔から病気を治すために様々な漢方薬が使われてきました。
これらの漢方薬は、しっかりとした効果があると報告され、多くの病気を治すことができています。
このように昔から効果が出ていて使われてきているという習慣もあってか、日本では厚生労働省によって医薬品として認可されています。
ここから分かるように、日本では医薬品であると言えます。
しかし、世界で行われている医療を見ると、日本とは違う判断をしていることが良く分かります。
諸外国では、漢方薬はあまり使われていません。
そのため、昔から漢方薬で治すという習慣もありません。
全く効果がないという判断はされていませんが、漢方薬を医薬品として認可して使っているところはほとんどない状態となっています。
しかし、これは外国と日本の医療が何を基にしているかの違いでもあるため、漢方薬は医薬品ではないと一概には言えません。