ジェネリック医薬品と先発医薬品の違いと特徴について

医薬品の開発コストと言うのは膨大な金額が必要になると言います。
これは新薬が開発されて、認可が下りて販売が開始されるまでの間のコストは全て製薬メーカーが算出しなければならないものであり、コストと共に開発における期間も長くなるのが特徴です。

先発医薬品とジェネリック医薬品の違いと言うのは、最初に開発をした医薬品を先発医薬品と呼び、最初に開発された先発医薬品の特許が切れた後に、別の製薬メーカーが医薬品の製造や販売の権利を購入して、製造および販売を行う医薬品の事をジェネリック医薬品と呼んでいます。

二つの医薬品の効能や効果と言うものには違いが無く、ジェネリック医薬品は開発に係る時間やコストがかからないため、先発医薬品と比較をすると安いと言う特徴を持ちます。

新薬を開発するためには、膨大な時間とコストがかかることになるのですが、このコストの多くは治験と呼ばれる薬の効果を確認したり、副作用の種類を特定するなどの作業であり、最初は動物を利用して薬の効果や副作用を確認し、動物を利用して問題が無い場合は、治験と言う形で人間に対しての効果や副作用について調べて行くことになります。

これに対し、ジェネリック医薬品は動物を利用しての実験や人間による治験などの作業が不要になるため、開発に係る期間やコストを大幅に削減する事が出来るのです。

しかも、先発医薬品と同等の製造方法で作り出され、先発医薬品と同等の有効成分が含まれているため、医薬品としての効果や効能における違いと言うものが在りませんし、副作用についても同じような作用が生じる可能性もあるなど、新薬を開発した製薬メーカーの貴重なデータをそのまま引き継いで販売されているのがジェネリック医薬品なのです。